今年で15周年を迎えたWebサービスにテストコードとCI/CDを導入しました。
アプリケーションは何度かのリプレイスを経て、現行はPHP7とLaravelを基盤としたシステムで稼働しています。
一方で、データベースは古くから稼働したままのため、システム間の依存が多く見られ「サイトの規模の割にテストコードの実装が十分でなく、改修が怖い」といった課題がありました。
今回はマイグレーション管理されていないデータベース環境へのテストコードの導入とCI/CDの設定についてお話しします。
また、複数のシステムリプレイスの間に試行錯誤しつつ育てたテスト環境の歴史、CIによる継続的なパッケージアップデートとセキュリティチェックについてもご紹介したいと思います。

Comments

Please login to leave a comment