中学生の頃にMSXというパソコンのCPUであるZ80のプログラミングを体験していました。

その約25年後、2016年にPHPで書かれたゲームボーイエミュレータのコードを読んで衝撃を受けました。ゲームボーイのCPUはZ80ベースであり、エミュレータで実装されていたのはまさにZ80の命令だったのです。この体験で、エミュレータがハードウェア仕様をソフトウェア的に表現したものであることを理解しました。

そしてさらにその3年後。名著「CPUの創りかた」で紹介されているCPU、TD4を実装し衝撃を受けました。そこに見たCPUは電気回路として表現された状態機械でした。

このトークではPHPでTD4のエミュレータを実装し、マシン語実行環境、エミュレータの対象、そして電気回路としてのCPUがどの様に動作するのかをメモリアクセスを中心に解説し、CPUの魅力をみなさまにお伝えします!

Comments

Please login to leave a comment