「クリーンアーキテクチャ」とは、DDDの文脈における「ドメインモデル」をシステムの中心にすえ、「入力」「永続」「出力」などの多方面で抽象化を行うことで、高度に変化への強さを獲得できるアーキテクチャです。昨今の変化の早さに対応するべく「アジャイル開発」や「マイクロサービス」が叫ばれているように、「クリーンアーキテクチャ」もまた日増しにその注目度は上がっているように感じます。

しかし、やや取っつきにくいアーキテクチャであることからか、現状参考になる資料が無数に転がっているというわけでもありません。そこで、エキテンで現在Laravelベースで開発中の新しい予約システムを題材に、実際にアーキテクチャを形作っているコンポーネントの紹介や、開発する上で行ってみたちょっとした工夫、開発フェーズにおける現場の生の声などをお話しようと思います。

Comments

Please login to leave a comment