(ご注意:Zend Expressiveの使い方を説明するセッションではありません) 2015年のPSR-7に始まり、ついに今年の7/31、PSR-17の1.0で出揃った感のあるサーバーサイドHTTPメッセージハンドリングの標準ですが、いまだ多くのフレームワークは独自のリクエスト処理フローを持っています。実際にPSRは相互運用の役に立っていないのでしょうか。Zend Expressive専用のエゴ仕様ではないのでしょうか。ここでは、そんな話題のPSR-7/15/17を中心とした設計レビューを通し、より良い抽象設計とは何かを考察したいと思います。PSR-7/15/17を事例とした、より汎用的な視点を得るのに役立つセッションとなればいです。

Comments

Please login to leave a comment